MENU

産後の肌トラブルの原因

妊娠・出産により女性の身体は人生これまで体験したことのないような大きな変化を感じます。肌も例外ではありません。産後はこれまでにみられなかった肌トラブルに悩まされる時期でもあるのです。具体的にどのような変化が起こっているのでしょうか。

 

なんだか産後の肌の状態が悪くて今までの化粧品が肌に合わない...どうすればいい!?

 

産後に多くみられる肌トラブルには主に次のようなものがあげられます。産後のホルモンバランスの変化で肌質が変化して、これまで使用していた化粧品が合わなくなることがあるので注意が必要です。
特にこのような症状をCheckしましょう!

  • 乾燥しやすい
  • シミが増えた
  • 肌が荒れやすくなった
  • 刺激に敏感になった
  • ハリが感じられない

何度も言いますが、このような肌トラブルが起こる原因には、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化が大きく影響しています。それらの影響を考え対策していくことがこれからのトラブルにも対応する重要な心構えになります。

 

バリア機能の低下

 

健康な肌には「バリア機能」と言われる働きがきちんと備わっており、肌の水分を保ちつつ外部の刺激から肌を守っています。しかし、産後の肌はこのバリア機能が低下している状態です。それにより、肌は乾燥し、刺激に敏感な肌となってしまうのです。

 

エストロゲンの減少

 

女性の肌の美しさに必要な女性ホルモンのエストロゲンは、別名「美肌ホルモン」とも呼ばれるほど影響力の大きなホルモンです。肌を老化させる原因となる活性酸素を除去したり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持するなど、美肌のために有効に作用しています。

 

ところが、出産後はエストロゲンの分泌が一気に低下し、代わりにもうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」が優勢となってしまいます。このプロゲステロンはエストロゲンとは逆に肌を不安定にさせてしまう性質を持っています。

 

 

産後の肌はバリア機能が衰えている状態ですので、保存料などの添加物が入っていない、敏感肌でも使えるようなノンケミカルな化粧品を選びましょう。これまでと同じようなケミカルの化粧品では耐えることが出来ていた肌への刺激が強すぎる可能性があります。ですから、サンプルやトライアルセットなどでで試したり、二の腕など肌の柔らかい部分でパッチテストをしてから購入するようにしましょう。

産後の肌は特にスキンケアが必要な時期ですが、育児に追われてライン使いでの丁寧なケアは難しいことと思います。バリア機能を整えるには、肌に潤いを与えることが大切となります。時間がないときでも、保湿ケアだけはきちんと行えるように化粧品を選部のがポイントです。

 

また、肌のバリア機能が低下しているということは、紫外線の影響も受けやすくなっているということを忘れないでください。外出時には面倒かもしれませんが、日焼け止めは必須です。当然日焼け止めもノンケミカルなUV対策が好ましいのはいうまでもありません。

 


このページの先頭へ