MENU

産後に老ける人の原因

最近はママになっても独身時代と変わらずに「おしゃれでキレイな人」がいる一方で、どうしたの!?っていうぐらい一気に老け込むママもいるのはなぜなのでしょうか。

 

 

出産して育児に慌ただしい日々を終え、鏡を見てびっくり!!なんだか私、出産前より老けている気がするんだけど、なぜなの?

 

透明感のある肌になりたいという願いは、多くの女性の願いですが、しかし産後の老け顔は深刻な問題だと思います。自信を無くしてしまい、産後うつを引き起こしてしまう方もいるくらい、ママさんにとっては切実な問題です。

 

肌の印象は、見た目にも大きく影響します。いくつになっても魅力的な人は、間違いなく美しい肌をしています。肌が若々しければ、誰かに会う時も自信が持てますよね。肌のコンディションは女性にとって重要なものです。でも、そのコンディションを崩すことを多くの女性がしているのが現状です。

 

産後はどうしても以前と同じ生活というわけにはいきません。産後の身体の戻り具合もありますし、育児もあります。ここは育児に専念して子育てが落ち着いてから美容に手をかけるというのもありかもしれませんが、老化を巻き返すというのはお金も時間もかかる至難のワザです。

 

それにせっかく楽しく育児をしていても自分がどんどん老けていくことを感じたら心からHAPPYでいられないです。そのためには以前と全く同じ美容ができなくてもそれにこだわらず、育児をしながらできる美容・スキンケアに変化させていくことが大切です。
 
赤ちゃんのお世話をしながらがむしゃらに頑張るのではなく、産後美容のポイントを押さえてできる限り楽におこなうことです。

 


産後の老け顔対策3つのポイント

産後のママの美容の悩みは尽きませんが、子育ての中で自分のためにかけられる時間も少ないのが現状です。加齢による年を重ねること自体は防げませんが「老けて見える顔」は改善できると思います。

 

心にゆとりをもとう

産後はホルモンバランスの崩れや育児による寝不足で精神的に不安定になることがあります。そんな状態で人と比べてばかりいると焦ってしまったり自分を否定してばかりいることになります。

 

産後の体型戻しも美容も焦らないことです。やりたくなったときがやりどきで徐々に無理なくしていくのが良いでしょう。やりたくないのに無理矢理やるほうがストレスになり美容に悪いです。産後キレイになるためには心身ともに健康な生活習慣を取り戻すことが一番大切です。

 

子供とともに大事な紫外線対策

女性の肌は常に紫外線との戦いであり、紫外線対策なくして美肌なしです。老化の大きな原因は加齢ではなくて紫外線による「光老化」が80%だという研究結果がでています。

 

産後や育児でぐっと老ける人はこの紫外線対策ができていないことが大きな原因となっています。特に子供が歩き出して外遊びをし出す1歳を過ぎてからが要注意です。子供と一緒だと日傘がさせなかったり、子供のペースに合わせてついついうっかり日焼けしてしまうことがあります。

 

しかしここはスキンケアをオールインワンなどの簡単な物にしてでも日焼け止めクリームを塗る時間を作り出した方が美肌に近づけます。日焼け止めクリーム・サングラス・帽子・UV効果のある上着などで夏だけではなく1年を通して紫外線対策を心がけましょう。

 

一に保湿、二に保湿

特に産後半年くらいまでは化粧水→美容液→クリームを順番に塗る時間すらなく何も付けないという日も多かったですが、肌トラブルをおこさないためにも保湿は重要です。そこで産後に大活躍したのがオールインワン化粧品やシートパックです。

 

オールインワン化粧品の良いところはお肌を擦らないところです。シミの大きな要因は紫外線と肌への刺激です。急いであれこれスキンケアコスメを重ね塗りするよりも断然お肌への刺激が減りますので実はシミや肌の老化対策になるのです。産後は1つでもオールインワン化粧品を持っておくと便利です。

 

また産後は肌質が変わって敏感肌になったり、子供と肌が触れるためスキンケアコスメの成分が気になるという人も多くいますから、コスメ選びも慎重にしていきましょう!

 

 

年齢が一番でるのが、目元付近の肌の状態です。 目の下のしわやたるみには、目の疲れが大きく関係しています。目や目の周りの筋肉は、朝起きた瞬間から夜眠るまで一日中使われていますのでとても疲れが溜まりやすい場所です。普段の生活の中でも、意識して休めてあげる事を習慣にしましょう!

 

こちらは産後のホルモンバランスの乱れから起こる目元のトラブル対策にオススメは専用アイクリームです。このような対策も産後のご褒美として許可してもいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ